暗証番号について

クレジットカードには暗証番号を設定します。
その暗証番号は買い物の際に利用します。
4ケタの数字を設定します。
4ケタの暗証番号は、店舗で買い物の際に、ICチップの機器を導入している店舗であれば使用する事があります。
ただし、暗証番号を忘れてしまったという人は、サインで対応できますので、その旨を店員の方に伝えれば、問題なく買い物できます。
暗証番号を知っていれば、買い物をすることが出来ますので、この取り扱いには充分注意しなければなりません。

取扱中については、下記のようなものがあります。
暗証番号は、誕生日や、住所、電話番号、車のナンバープレートなどの比較的分かりやすいものに設定しては、良くないという事を聞いて、少しひねったものに設定した場合、よく忘れるということがあります。
この場合、暗証番号の変更をクレジットカード会社に申し出るわけですが、その際には必ず郵送などの方法により行うこととなります。
電話で確認、変更をするクレジットカード会社はありませんので、注意しましょう。

不正利用されないために暗証番号を分かりづらく設定する事は大事ですが、クレジットカード自体に記入していたりすることは絶対にNGです。
この場合、利用者の過失が有りと判断されて、不正利用されても買い物していないものまで支払いをしなければならなくなります。
盗難保険が適用されないことも考えられるのです。
暗証番号を知られないようにすることと、なおかつ思い出しやすいものにすることが大事です。
言い換えれば暗証番号の分かりやすい番号かつ盗難や紛失の際に類推されないものに設定する事が得策でしょう。

暗証番号の設定の仕方としては、ペットの誕生日に設定する。
子供の誕生日の月日のうち、月を除いたものと自分の誕生日を組み合わせる。
結婚記念日に設定する。
好きな芸能人の誕生日に設定する。
などがありますので、試してみる事をお勧めします。

安全にかつ分かりやすく、厳重に暗証番号を管理していくことが大事です。