クレジットカードの付帯保険

クレジットカードには追加費用無しで、自動的に付保されている保険があります。
それは、それぞれのカードによって異なりますが一般的にどのような保険があるのかご紹介いたします。
有名なところでいうと、海外旅行傷害保険です。
これがついているととても便利です。
わざわざ海外旅行の前に、空港や旅行会社などで保険料を支払って、保険に加入しなくても良いのです。

補償される内容は、傷害による死亡や、高度障害、または海外旅行中のけがや病気などです。
旅行先での入院費用、治療の費用も補償されます。
他人の物を壊した場合など、例えば旅行先のホテルの物を壊した場合には、賠償責任保険で補償されます。
自分が持って行ったカメラなどの携行品を盗まれたり、紛失したり、壊したりした場合も携行品損害で補償されます。

国内旅行傷害保険も海外旅行傷害保険と同じ補償になります。
国内旅行でも海外旅行でも共に共通している点は、実際に旅行先で事故や損害が起こっていなくても、家を出てから旅行に向かう途中で起こった出来事でも補償の対象になるという事は覚えておいてください。
例えば海外旅行に行く途中の羽田空港に向かっている道中において盗難にあってしまったという場合でも、海外旅行傷害保険で補償の適用を受ける事が出来るのです。
適切な行程によってその途上で起こった損害にも対応しているという点はよいところでしょう。

さらに一歩進んだ付帯保険としては、これまで述べた内容の補償にプラスアルファしてくれているクレジットカードもあります。
最大の保障額が1000万円以上と高額なものもあります。
また、海外でのけが、病気による治療や入院費用は、巨額の費用が必要である場合が多いです。
数日入院したという場合、250万円もの請求が来ることも珍しくありません。
通常はこの高額の医療費をまずは自分自身で、一旦支払わなければなりませんが、この一旦支払う事も必要なく、クレジットカードの付帯保険によりカバーできるというものです。
保険に付随するサービスとして24時間いつでも日本語で話が出来て相談が出来る窓口を用意してくれているものもあります。

このようにクレジットカードに保険が無料で付帯しており、保険料を節約できるので、ぜひともしっかりと活用できればよいのではないでしょうか。
また、こちらのクレジットカードを選ぶ基準についての解説もおすすめです。是非ご覧ください。