解約方法について

クレジットカードが必要なくなった場合、解約をすることになります。
使う事がないクレジットカード、付き合いで作ってしまったクレジットカードは解約してすっきりしてしまいましょう。
解約方法は、電話で解約したい旨をオペレーターに伝えることです。
電話で解約の意思を伝えた場合、手持ちのクレジットカードは、自分で破棄するように言われます。

また電話で解約意思を伝えるだけでは解約できないクレジットカード会社もあります。
ネット上のページから解約用紙をプリントし、それを郵送する方法であったり、電話で解約意思を伝えたら、解約用紙を自宅に郵送してくれて、その用紙に記入し、返送すれば解約が完了するというものです。
その他にはインターネット上で、カード番号と氏名など必要な情報を入力して解約する方法もあります。
この場合、本人確認の為にIDとパスワードなどの入力を求められる場合もあります。

解約をした後に注意しなければならないこととしては、クレジットカードを適切に破棄するという事です。
そのまま破棄すると個人情報が盗まれ、不正利用、悪用される可能性があるため、カード自体を切る、復元できない状態にすることが大事です。
カードの番号の部分と使命が記載されている部分を認識できない程度に切り刻むようにすることをお勧めします。
ただ、破棄する場所が同じ場所、変えるなどするとまず大丈夫です。

まだ支払いが終わっていないクレジットカードの解約方法は、当然のように現在支払いが残っている部分を返済、支払終えた後に解約する事になります。
クレジットカード会社によっては解約手数料が必要な場合もありますので、必要な場合には支払わなければなりません。
支払いが終わっていない部分については、当然請求を受けるので忘れるようなことはないでしょうが、うっかり忘れてはならないのはクレジットカードにたまったポイントです。

解約するとその時点でポイント自体消滅してしまいますので、ポイントを使用することなく解約してしまうと大変もったいないので、ポイントは全て使用してから解約するようにしましょう。
こちらのサイトでは、クレジットカードのポイントの有効活用について解説していました。是非ご覧ください。