クレジットカード加盟店

クレジットカード加盟店で買い物をするときは、現金を持っていなくても買い物しやすいのでとても便利です。
クレジットカード加盟店とそうでないのは、なぜその違いがあるのでしょうか。
それは、加盟店が加盟した方が有利だと考えるためで、クレジットカードが使えない加盟していない店では、メリットを感じていないのでしょう。

クレジットカード加盟店になると良い点はいくつかあります。
現金を持たなくても買い物が出来るのでお店の売り上げアップにつながります。
大きな金額の商品をお勧めしやすくなるので、その場で買い物してもらいやすくなります。
最近はクレジットカード経由でないと支払いをしたくないという人も出てきているので、そういった人を顧客として取り入れる事が出来るという点もあります。

クレジットカードの支払いにすることにより現金を店舗等で管理することが減るということ、これによりレジの金額の打ち間違いや、お金の受け渡しミスなども軽減するので業務効率化します。
その分店側としてはメリットはあるでしょう。

では、導入しない、加盟しない店があるのはなぜでしょうか。
それは、顧客がお店でクレジットカードを利用して支払いするたびに、お店側は手数料をクレジットカード会社に支払わなくてはならないからです。

売り上げは上がるけども手数料もかかるということで、費用対効果を考えて、クレジットカードを導入しない、加盟しないということになるのです。
手数料には各クレジットカード会社によって幅がありますが、だいたい3%~7%です。
確かに7%と聞くと高いように思えます。
顧客側としては、小額の買い物でもクレジットカードを利用する事がありますが、手数料がかかるから、お店の為にクレジットカードは使わないでおこう、などとは考えないですから。

このようにクレジットカード加盟店かどうかの違いは、これらメリット、デメリットをどう考えるかの店舗側の考え方にもよります。
我々消費者にとっては、出来るだけ加盟店が多く、クレジットカードを使える機会を多い方が便利で助かると考えるのですが、いかがでしょうか。
また、さまざまなカード会社を比較したサイトも是非参考になさってみてください。