クレジットカードとサイン

クレジットカードで買い物をするときに、手書きのサインを求められます。
このクレジットカードにサインは何の意味があるのでしょうか。
サインは主に2つの役割があります。

ひとつは、買い物した人が自分のカードであることを証明するためのものです。
この金額でこの買い物をしたということをカード利用者が認めた証拠としての役割を持つのです。
だから、いつも買い物でなんとなく使っているこのクレジットカードは不正利用されないように責任がクレジットカードの利用者の責任に任されているのです。
ひとつサインするにしても、充分気を付けて書く必要があるという事が分かります。

ふたつめの役割はカード利用者の責任において、買い物をしたということを証明するためです。
不正利用のあった場合において、本人が実際に使用したかどうかを確認するためのものとして使用されます。
上記の二つの役割があるため、クレジットカードのサインは、実際は、フルネームの漢字記入でなくても良いのです。
漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字など何でも大丈夫なのです。
基本的に何でも大丈夫なのですが、模倣されたりしないようなもの という主旨で考えると、やはりフルネームの名前が良いかもしれません。
それともフルネームの名前を多少崩して、書くというようにすると外国に行ったときに、マネされにくいという考え方もあります。

でもかといって、あまり変な文字を書いてしまうと店の人に頭大丈夫なのか?と思われたりしそうだからやっぱり普通の書き方にしてしまいますね。
特に変わったサインはおすすめは出来ないのです。
例えば、盗難にあったり、紛失した場合に本人以外の人がカードを使った場合に、サインをマネしやすいと不正利用されたときに本人だと言い張られては困ります。

また、クレジットカード裏面の署名する場所は必ず、署名をすべきところです。
署名をしていないと店舗側が、買い物を拒否する事が出来ます。
実際、店舗側としても不正利用をされると困るからです。
また、そういったトラブルを未然に防ぐためにも、クレジットカードを利用した犯罪に注意の解説も是非ご覧になってみてください。